Critique Of Games ―ビデオゲームをめぐる問いと思索―

ビデオゲームをめぐる問いと思索 http://www.critiqueofgames.net/

home / data / 他者

 いかようにでも使いようのある幅広い話なので、アレだが、普通、現代思想系の文脈で言うと、「わたし」の意志や予測/期待の水準とはかけ離れたところにあって、制御不可能な存在!…みたいな意味あいで使われるわけだが、
 たとえば、ゲームでは、次のような登場の仕方がある。

 1.評価者としての他者:見せびらかす相手。認めてくれる相手であると同時に、自分を認めず、否定し、脅かす存在としての可能性もはらんでいる。観客
 2.敵、ライバルとしての他者:うちたおすべき目標としての他者。さらに「障害物、エネミー」としての他者競争者(コンペティター)としての他者にわかれる。
 3.味方としての他者:冒険の協力者としての他者
 4.他者としてのプレイヤーキャラクタ:自己の延長線上のもの、分身。として配置されているはずのPCだが、『ポートピア殺人事件』などでは、自己の延長線上の存在が、裏返ったりする。
 5.プレイヤー圏の他者

 これらの中でも最も重要だと思われるのは「観客」という概念。観客概念は正確には「ライバルとしての敵(コンペティター)」や、「味方」の中にもふくまれている。それが見つめ返してくる主体である限り、遊びに参与した自分を常にそれは見ているわけである。
 また、「制御不可能な存在としての他者」みたいな話は、ゲームの場合、プレイヤーキャラクターが、実は、他人だった!みたいなときに顕著にあらわれることになる。

関連

観客内在する観客遊びつつ遊ばれる

関連記事: 主体(4778d) プレイヤー(5358d) 評価(5360d) 欲望(5361d) 分身(5361d) 内在する観客(5361d) 不自由(5361d) 賭けられているもの(5361d) 見つめ返し(5361d) 競争(5361d) 観客(5361d) (5361d) プレイヤーキャラクター(5361d) おもちゃ(5361d) 遊び相手(5815d) 遊びつつ遊ばれる(5815d)
最終更新: 2007-02-17 (土) 20:46:06 (5361d)