Critique Of Games ―ビデオゲームをめぐる問いと思索―

ビデオゲームをめぐる問いと思索 http://www.critiqueofgames.net/

home / data / プレイヤー

 ビデオゲームのメディアとしての特殊性を考えたとき、そのあり方にとって決定的に、他のメディアと異なってくるのは「プレイヤー」というものの存在である。演劇の比喩を用いて説明すれば、この「プレイヤー」は、演劇にとっての「観客」であると同時に、「役者」や「演出家」でもありうる存在であると言える。もっとも、この比喩は全てのビデオゲームについてあてはまるわけではないが、少なくとも、小説や映画における、「読者」や「観客」とは比べるとかなり特殊な存在だと言っていい。そのため、ここにおいて成立してくる「批評」のあり方も、小説や映画のそれとは全く別の水準のものが成立することになる。

関連

P-PC-NPCモデル


関連記事: エコシステム(2132d) 動機付け(2458d) ルール(2840d) 組み合わせ(3237d) 進行速度(3252d) 導入(3252d) STG(3560d) ゲームの定義論(3671d) 自由度(3681d) 主体(3681d) 前意識(3713d) 生活表現(3713d) 能力(3713d) 勝利(3715d) (3715d) errand boy syndrome(3715d) リアルタイム(4244d) 形式(4244d) 平等(4262d) テレビゲーム(4263d) RPG(4263d) レビューシステム(4263d) ゲーム性(4263d) 自由(4263d) P-PC-NPC(4263d) ルール・ブレイキング(4263d) 記述可能性(4263d) 映画(4263d) 物語自動生成(4264d) RMT(4264d) 公共圏(4264d) 状況(4264d) 解釈(4264d) 与えられる目的(4264d) 目的設定(4264d) 物量(4264d) 没頭(4264d) 没入度(4264d) 分身としての身体の喪失(4264d) 分身(4264d) 目的(4264d) 二重創作性(4264d) 難易度(4264d) 特殊現実(4264d) 不自由(4264d) 他者(4264d) 多様性(4264d) 世界解釈(4264d) 直感的インターフェイス(4264d) 想像力(4264d) 自動進行性(4264d) 主人公の身体という制度(4264d) 主人公(4264d) 終わらせる物語(4264d) 人格とプログラム(4264d) 身体ののっとり(4264d) 数のコミュニケーション(4264d) 主観的難易度(4264d) 錯覚(4264d) 作業化(4264d) 困難克服(4264d) (4264d) 視点の重層化(4264d) 視線(4264d) 自在(4264d) 見る人とやる人(4264d) 嫌な選択肢(4264d) 緊張(4264d) 危険(4264d) 見つめ返し(4264d) 意識の二重性(4264d) 映画的(4264d) 学習(4264d) 観客(4264d) 一回性(4264d) 意図的な体験(4264d) プレイヤーキャラクター(4264d) パターン収集(4264d) ターゲット(4264d) テキストレス(4264d) プレイヤーによる物語(4264d) セーブシステム(4264d) プレイスタイル(4264d) ジレンマ(4264d) コリジョン(4264d) ゲームの範囲設定(4264d) シミュレーション(4264d) イメージ管理(4264d) インターフェイス(4264d) インタラクティビティ(4264d) 「シリアス」であることの困難(4264d) あとちょっと。(4264d) 遊びつつ遊ばれる(4718d)
最終更新: 2007-02-21 (水) 17:03:32 (4260d)